産婦人科で内診をしてピルを比較

男性と女性の付き合いをしていく中で、今は性交渉に発展する人たちがほとんどになることでしょう。性交渉をすれば、健康な人たちであれば、妊娠をする可能性もあるのです。世の中、うまくいかないこともあって、欲しいと思っているカップルに子どもができなかったり、要らないと思っているカップルに子どもができてしまうこともあります。もしも、妊娠をしたら困るという場合には、避妊をするようにしたほうがいいのです。
避妊をするのにあたって、日本の社会では男性主導のコンドームが一般的でした。しかし、外国でポピュラーであるピルも日本での承認を機に徐々に使われるようになっているのです。ピルというのは、経口避妊薬のことであってホルモン剤の入っている錠剤を服用することで高い避妊効果を得ることができる医薬品です。毎日しっかりと飲むことでほぼ100%の成功率であるといわれています。女性のホルモンバランスを整えて、生理周期を28日に固定することができるのです。
ピルを入手するには、産婦人科などの医療機関を受診して専門医から薬を処方してもらうようにします。低用量のピルといってもいくつかの種類があるので、医師に内診をしてもらってその人の体質や目的に合ったものを比較しながら決めてもらうようにするといいでしょう。
また、ほかにも入手方法があります。海外からの個人輸入です。今はインターネットでいろいろなサイトを見ることができるのです。自分の必要とするピルがあれば、それを注文して決済をすることで、1週間から10日程度で自宅などの指定場所に送ってもらうことができるようになっているのです。
まずは医療機関に行ってみるのがいいのですが、その後は通販という方法もあるのです。

ページの先頭へ戻る