生理前や生理中の下腹部痛改善に有効なピルと偽薬

生理前や生理中、下腹部痛に悩まされる女性は少なくありません。
中には痛みのあまり、仕事を休んでしまう方もいるかと思います。
女性にとって生理は毎月、なくてはならない体の機能ですが、いつも痛みに襲われるとなると、憂鬱に感じるでしょう。
生理前や生理中の下腹部痛に悩んでいるのなら、ピルでの治療がおすすめです。
避妊薬としてのイメージが強い薬ですが、服用する事によって下腹部痛が起こる、月経前困難症いわゆるPMSや、生理痛を緩和する効果が期待できます。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2つの女性ホルモンと同じ働きをするホルモン剤が含まれています。
服用する事によって、体内の女性ホルモン量を一定に保つ事ができるのです。
生理痛は子宮内膜が厚くなると、起こりやすいと言われています。
子宮内膜の中には子宮を収縮させる、プロスタグランジンという物質が含まれており、この物質が過剰に作られると収縮が強くあり過ぎてしまい、痛みを感じるようになるのです。
ピルを服用する事によって、子宮内膜が厚くなり過ぎるのを、防ぐ効果が期待できます。
結果、生理前や生理中の下腹部痛を軽減する事が可能です。
ただし、ピルは毎日服用してこそ、効果を発揮する薬です。
飲み忘れないように注意しましょう。
また、偽薬といってホルモン剤を含んでいない薬を飲むタイプのピルがあります。
このタイプは21日間ホルモン剤を含んでいるピルを飲み続け、その後の7日間はホルモン剤を含んでいない偽薬を飲みます。
こうする事によって毎日、薬を飲み続ける事になるのでピルの飲み忘れを、防ぐ事ができるのです。
ついつい、薬を飲む事を忘れてしまうという方は、偽薬タイプのピルが向いているでしょう。

ページの先頭へ戻る