服用者が増えている低用量ピルのトリキュラー

世の多くの女性にとって、月に一度の生理期間は悩ましいものであり、できることならば軽減したいと考える女性も多くいます。特に生理痛や生理前症候群のPMSの症状に悩む女性にとってはとても深刻な問題です。そんな生理痛や生理前症候群の症状を軽減してくれるのが低用量ピルです。
低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンに類似したホルモンが含まれており、服用する事によってそれらのホルモンが脳下垂体に働きかけることで妊娠状態であると錯覚させることで、排卵を促す黄体化ホルモンの分泌が抑えられます。それによって卵巣からの排卵が無くなることで避妊効果や生理痛、出血量の軽減効果、PMS症状の抑制などの効果が得られます。また、それ以外にも体内のホルモンバランスが安定する事によって肌荒れやニキビといった肌トラブルの軽減にも繋がります。
低用量ピルは避妊や生理痛、PMS症状の軽減以外でも肌トラブルにも効果が得られることから、最近では避妊や生理痛、PMS症状の軽減を目的としない女性でも肌トラブルの改善目的で低用量ピルを服用することで、ホルモンバランスを安定させている人が増えてきています。
そんな数多くある低用量ピルの中でも特に人気が高く、服用者が多いのがトリキュラーです。トリキュラーは偽薬を含む28錠タイプのものと、偽薬を含まない21錠タイプの2種類があり、どちらも毎日一定時間に服用することでその効果が得られます。日本では30年近く処方されている薬とあって、安全面も保証されており、錠内に含まれる成分量も日本人の身体に合いやすく、値段も数千円程度で購入することができるため継続的な服用が可能ということもあって、今では多くの女性たちがこのトリキュラーを服用しています。

ページの先頭へ戻る