ピルを服用してはいけない人

基本的にピルは健康な女性であればどんな人でも服用することができる薬ですが、場合によっては服用ができない人もいます。

まず、妊娠中、あるいは授乳中の女性はピルを服用することはできません。
妊娠中は妊娠の準備のために大量の女性ホルモンが分泌されていますのでピルを服用することでホルモンバランスが崩れる恐れもあります。

妊娠中に黄疸が出たり妊娠ヘルペス、持続的なかゆみなどの症状が出た場合にも服用はできません。

ただ、妊娠前に服用していたからといっておなかの赤ちゃんに先天性異常が出たり服用していない人と比較して不妊になったりすることはありません。

また、もともと心臓疾患のある人や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などにかかっている人も服用できないことになっています。

その他には、35歳以上で一日に15本以上タバコを吸う喫煙習慣がある人などは禁煙してから出ないと服用することはできません。
ピルの副作用の一つに血栓症になりリスクがあり、これは非喫煙者であればあまり心配をする必要のないリスクなのですが、喫煙者の場合には血栓症になるリスクが数倍にも高くなるので、喫煙習慣があってピルを服用したい場合には医師に相談するようにしましょう。

乳がんや子宮頸がんの人、あるいはその疑いがある人もピルを服用できないことになっています。
高血圧や脂質代謝異常、肝腫瘍の人の場合も服用はできないとされています。

基本的に健康で喫煙習慣がない女性であればピルを服用することは問題ないとされています。
更年期障害の症状を軽減する効果もあるので、高齢になってからピルを服用する人も増えていますので、もし自分が服用できるのかどうか不安な場合にはあらかじめ医師に相談してみるのが望ましいでしょう。

ページの先頭へ戻る