ピルは病院以外でも買える?

ピルは毎日服用することで妊娠を回避できる効果がある避妊薬ですが、基本的に婦人科などで処方してもらうのが一般的です。

場合によって内科などでも処方してくれることもありますが、ピルについて否定的だったり専門外なので時間がかかることもあるので初めて処方してもらう場合には婦人科を受診するのが良いでしょう。

しかし、婦人科で処方してもらうとなるときちんと服用法などについて説明をしてもらえるために安心感はありますが、薬代以外にも初診料、検査料、処方料など色々かかるのが厄介だといえます。

基本的にピルの処方は保険適用ができずに自由診療となりますのでその病院の料金設定によっても異なります。

薬代や診察料などを含めていくらというところもあれば、すべて別料金で5000~1万円程度かかるところなどクリニックによって様々だといえます。

また、忙しくてなかなか病院に通う暇がないという人もいることでしょう。
ピルには数多く似種類があるのですが、病院によって2種類しか扱ってないところなどもあるようなので、選ぶことができないというデメリットもあります。

そのため、できるだけ費用を安くしたり色々なピルを使用してみたい場合には、インターネットで海外から個人輸入をして購入するのも一つの手段です。

自分で輸入するのには抵抗があるという人は、輸入を代行してくれるサイトなどもあるのでそういったところから購入するのも良いでしょう。

ただ、インターネットで購入した場合は細かい説明などは説明書などにしか書いていませんので基本的に服用に関しては自己責任となります。

もし、インターネットで購入したピルで副作用が強く出たり体調が悪くなった場合には、自分で婦人科に足を運んでてもらうようにするのが望ましいでしょう。

ページの先頭へ戻る