ピルに軽蔑的?避妊効果だけでなく内膜症にも

ピルを使用している女性に対して、軽蔑の目で見る方がいるとの意見を良く耳にします。ピルを使用するということは、セックスの時にコンドームを使用せず、中出ししても妊娠しないため。わがままな男性の為に女性が、前もって準備しておくためのもの…など、いいイメージを持たれていないことが多いようです。しかし、ピルには避妊目的に加え、女性ホルモンを安定させる効果があるため、生理痛を緩和させるために使用している女性も多くいるのです。ひどい生理痛の原因の一つが「子宮内膜症」があります。子宮内膜症とは、本来なら子宮内でしか作られない子宮内膜が、子宮以外でも作られ増えていく病気です。子宮以外にできた子宮内膜は生理が来るたび剥がれ落ちるので、その組織や血で炎症や癒着が起き、生理痛や性交痛、腰痛などの激しい痛みを引き起こすのです。子宮内膜症の原因として考えられているのが、女性ホルモンの1つエストロゲン(卵胞ホルモン)が子宮内膜症の増殖・悪化に影響を与えることです。そこで、ピルを使用することで、子宮以外での子宮内膜の形成や増殖を抑えることができるのです。
ピルはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンを元に作られた合成ホルモン剤です。ピルを服用すると、それらのホルモンの働きによって、脳が「妊娠した」錯覚します。すると、エストロゲンの分泌が減り、卵巣は排卵する必要が無くなり、お休み状態になり、排卵自体が止まってしまうのです。 子宮内膜症はエストロゲンの影響を受けて増えますから、エストロゲンの分泌量が減少すれば症状が緩和されるということです。
避妊効果も高く、子宮内膜症の緩和にも効果を発揮するピルですが、副作用も避けては通れません。十分考慮した上で使用しましょう。

ページの先頭へ戻る