ピルと高血圧を予防するローヤルゼリー

日本は、欧米に比べると、ピルの普及率が低いです。
しかし、最近は、ホルモンの量が少ない低用量ピルが登場したことで、日本の女性の中にも低用量ピルを利用する人が増えています。
低用量ピルは、コンドームに比べると避妊効果が高く、女性が自分で妊娠をコントロールすることができます。
妊娠したくなった場合は、服用を中止すれば排卵が再開され、妊娠が可能となります。
女性の中には、月経痛の悩みを抱えている人が非常に多いのですが、低用量ピルを服用すると、月経痛が軽くなります。
子宮内膜の中には、痛みを引き起こす物質が含まれています。
ピルに含まれているホルモンは、子宮内膜の増殖を抑えるため、月経痛の痛みが軽くなるのです。
低用量ピルは、産婦人科で処方を受けます。
低用量ピルを服用する時は、医師の指導を守って服用することが大事です。
最近、男女を問わず、高血圧などの生活習慣病に悩む人が増えています。
高血圧の予防に効果的だと考えられているのが、ローヤルゼリーです。
ローヤルゼリーは、血管拡張作用があるため、高血圧を予防する効果が期待できます。
ローヤルゼリーは、三大栄養素である炭水化物やたんぱく質、脂質を含んでいます。
また、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸なども多く含まれています。
そのため、数多くのサプリメントや栄養ドリンクに配合されています。
ローヤルゼリーは、免疫力を高め、老化を防ぎ、更年期障害の様々な症状を改善する効果も期待できます。
ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンには、自律神経の乱れを整える働きがあります。
アセチルコリンは、脳の老化を予防する効果も期待できます。
ローヤルゼリーには、天然の抗生物質が含まれているので、強い抗菌作用があり、風邪の予防にも役立ちます。

ページの先頭へ戻る